インク

封筒のことならハグルマ社に全てお任せあれ

メジャーなラッピング素材

ポリ袋

中身を活かす包装

ラッピングに用いられるプラスチック素材でよく見かけるのがOPP袋です。ポリプロピレンの透明フィルムを袋状に加工したもので、水を通さず、中身が見える性質からダイレクトメールの封筒にも利用されています。広く一般に市販されているので簡単に手に入れることができますが、商品を引き立たせるために業者に依頼してオリジナルのOPP袋を作ってもらうこともできます。オリジナルのOPP袋を作成する際には、まず基本となる規格を選定します。内容物に合わせた大きさを選ぶことはもちろん、OPP袋の厚みもチェックしておきましょう。30ミクロンが標準的なフィルムの厚さです。フィルムが厚くなれば頑丈になりますが、手触りが固くなるので立体的な物にフィットさせるラッピング方法には向きません。また、直接食品を包む場合は食品衛生法の基準をクリアしたOPP袋を選ぶ必要があります。大きな商品にはマチありタイプのOPP袋が適しています。他にもフィルム光沢の有無、開口部のテープの有無といった項目から選ぶこともできます。使用用途に応じて選択しましょう。OPP袋は印刷加工することもできます。一枚当たり数円からオリジナルのOPP袋を作ることができます。会社名やロゴ、商品イメージを印刷するとアクセントとなりますが、広範囲に印刷を施してしまうと、OPP袋の特徴である中身が見えるという性質が失われてしまいます。適度な透明性を保った印刷デザインの方が商品も映えるのです。